2016年08月22日

思い込みふぉ~

ここ1月以上、罪悪感と向き合っています。

外気温もクソ暑いし、頭の中も爆発しそうに熱いよ(笑)


人様は変えられないないが、自分は変えられると・・・・・

妙な所で、悟ったようなイイ人を演じてごまかしても

心のゴミが溜まってくると

いつも同じような事柄で、怒りの気持ちが沸く

そんなことで怒るのはイケないと自分を抑えるが


「怒りを抑えられないのは、私が未熟だから?」

「怒りで苦しむのは、私が悪いことをしたから?」

ふつふつと湧き上がる思いに罪悪感も同化してくる



いつものように怒る、そのパターンに思い込みがあるとしたら

その「苦しみ」は、自作自演だったのだろか???


何の目的でそのような「苦しみ」を自分に与えたのだろうか???


「軌跡のコース」を学んでいるとそのような疑問が沸いて来た・・・

答えはまだ解らないが、怒りの感情がクールダウンしてきた。



最後まで読んでいただきありがとうございます

  


Posted by サリー at 19:23Comments(0)覚醒の旅路

2016年08月19日

飽きもせず~

日中家にいると色々な訪問者と出くわす。

数名の女性の方が「何か困っていることはありませんか?」

と親切に声をかけて下さった

「いいえ、ありません」と答えると

「何か、神様を信じているのですか?」と聞いて来る・・・・

「これ以上お話したくないので、ごめんなさい」とお引き取り願った。


その方々が手に持っていたのは、小さな冊子だった

そうゆうことなのね~


あの方々的には、何か困っていることがあれば

救ってくださるのが「神」と言う存在なのでしょうね。。。







「大いなるモノ」を信じるということは、宗教ではありません

それは、盲目的に信じて、信じて広宣流布が目的ではないからです

外界ではなく、内なるモノなのですから・・・・


私は、自然の中に八百万の神々が宿る~

そのような日本的なモノが心落ち着きます。

ですから、今まで飽きもせずに続けている理由かしらね(笑)



ありがとうございます  


Posted by サリー at 18:25Comments(0)覚醒の旅路

2016年08月18日

うまくいく方を選ぶ

昨日からの続きですが・・・・

何故、私はその場で起こった事をジャッジしなかったのでしょうか?

と言うか

他の方はどうかわかりませんが



昔、中国の王様が木から葉っぱが落ちたのを見て自分の力の終わりを悟った~

あの故事が好きで・・・・

五感を使って「何でだろう???」と考える癖があるもので(笑)


そのときに来る直観やらしきものなど様々な情報が脳裏をかすめます。

私がどう感じ、どのようなエネルギーを流し、バイブレーションしているかによって総てが決まります。


高次の自己なのか、低次の自己なのか???

ほんまに、脳が疲れることを頻繁にやってました(笑)


多分、昨日のブログのような場面では、過去の経験をお手本にする傾向にあるので

低次の自己からのメッセージが多いでしょうね



それでは、「奇跡のコース」を学んでいる意味が無くなるので


今までの私のパターンの限界突破を目標にしているのだから・・・・

今までと同じ事を無意識にするのを止める練習なのです





ジャッジしていたのは、自我の私で・・・・

それさえが理解できれば大丈夫らしいと・・・


上手く表現できませんでごめんなさい


皆様にも理解していただけるように書いて行けたらいいですね




ありがとうございます



  


Posted by サリー at 16:46Comments(0)覚醒の旅路

2016年08月17日

やってはいけないと~

毎日暑いですね

ご無沙汰しております


最近「奇跡のコース」を学び始めたのだが

学びの場面が日常生活に起こる

と言うか

必然的に起こるのかもしれないし

偶然かもしれない


久しぶりに母と某ファミレスへ「氷」を食べに行った時それは起こった。

母はイチゴ、私はマンゴー

そんなことはどうでもイイ話で・・・


私のテーブルへ置く直前に床に落としてしまった

従業員の方が「もう少しだったのにね・・・」と申し訳なさそうだった


先に食べていた母は氷の上のアイスをテーブルへ落としてしまった

遅れて来た私も、母と同じようにアイスをこぼしてしまった


なぜこんなにも落とすのだろう・・・・・

美味しいものを食べに来たはずなのに

ネガティブな思考が頭の中に出てくる


それ以上考えるのを止めた



家に帰りそのことを復習していたら

これは「やってはイケないこと」の学びだったような気がした


問題だと思っていることの原因を悪意にとらない

今の状況をクヨクヨ考えない

・・・・・・


問題があっても自分を励ましましょう


これって練習が必要ですね

その場のエネルギーにコントロールされるのではなく

エネルギーの流れを変えるのは「私しだい」なのかもしれない

それが「奇跡のコース」なのかもしれない









ありがとうございます
  


Posted by サリー at 17:34Comments(2)覚醒の旅路

2016年07月31日

似ているような?

「奇跡のコース」本日で4日目です。。。

何時間も机にへばりつくような学びではないのでいまのところ続いています


このコースを学んでいる時感じたのが

「サラとソロモン」に似ているような気がする・・・


「サラとソロモン」は10年以上前に図書館で借りて読んだ

スピ系の本にしては読みやすい感じがした

子供向けの童話のような物語だからかもしれないが


サラという女の子がソロモンというフクロウを通して

人間として成長していくストーリーなんだが

簡単に説明すると

自分の感情の奥の奥の光り輝く愛に気づく

その部分は無償の愛なんだだよね。。。

小さな女の子がそこまで到達するのが出来すぎのような気がするが

そのような感想をもつ私はやはり「奇跡のコース」で初心に戻る必要があるのかな(笑)


しかし似ている

ソロモンのフクロウと「奇跡のコース」の聖霊が・・・・


同じ出版会社だからあり得るかもね(笑)


今日も朝から暑いね・・・


ありがとうございます


  


Posted by サリー at 10:18Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月30日

一刺し

草取りをしていたら

ふくらはぎにチクりと激痛が走った

慌ててふくらはぎを見たが何もいない

BWWWWWと羽の音がするがやつの正体は不明だ

痛さだけが現実だ。


この時コンマ数秒に昔を思い出させる

それは、赤信号で止まっていた時に追突されて事だった

そのいましめは、自分の考えが正しいとその思考に捕らわれていたからだ


今回も多分それだろう・・・・・


ホントに有り難い

いつも色んな事柄で教えて下さる・・・・

あんぽんたんの私の強い味方なのである

その正体は「大いなるモノ」である


話は変わるが

最近自分の定番が決まりつつある

好きなモノばかりを選ぶ気持ちがある

多分それがイケないような気がする

好き 嫌いと分け

好きなモノを選ぶ・・・・

その二極分化の構造を打破したらいいような・・・


だから、今夜は、キンキンに冷えたビールを飲もうと思う

これも修行なのだ(笑)

修行はツライのだ・・・・


ありがとうございます  


Posted by サリー at 18:20Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月28日

「奇跡のコース」の学び




「奇跡のコース」と言う学びがあることを数年前に知りました。

それは、分厚い本を購入して

毎日1項目練習するのです

練習には番号があり1~365まであります。。。


本の帯には

真の救いと「悟り(覚醒)」と「神」への道を開くと書いてあります


求めよ さらば 開かれん

ではありませんが・・・・

今、多分、この学びが必要なのでしょう


私が直面している問題は「許し」です

許してあげる的な上から目線でもなく

私が我慢したらいいのかもしれない的なモノでもなく

私の心のしこりを手放しますとファーメーションをしても解決しない

この「許し」の呪縛から自由になりたいのです


この学びを以前から気になっていたのですが

私のエゴが都合のよい言い訳を並べるのが上手い(笑)





いつもはアマゾンさんで本を購入するのだけど

不思議なことに田舎の本屋さんにこの本が置いてありまして

色んな出版社が似たような内容で似たような色の本を出されているのですが

ナチュラルスピリット社の本で学んでいきます~



ここは腰を据えて365日この「奇跡のコース」を楽しませて頂きましょう

初めにブログに書けば、大丈夫だと思いまして・・・



ありがとうございます
  


Posted by サリー at 20:10Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月24日

同窓会と罪悪感

実家に居たら、突然の訪問者。

「あら~お久しぶり00ちゃん」

私の車を見てきてくれたのだった。


「同窓会のハガキが来てたけど行くの?」と尋ねてきた

悪いけど、来たその日にゴミ箱・・・・

ニコニコしながら私

「もちろん行かないわ~」


「良かった、行かない人がいて・・・」

とホットした表情が昔を思い出させる美しさだった。


町で同窓生に会うと、誘われるのが苦痛なんだって・・・・

そうだよね~

一般的には同窓会は楽しみなのかもしれないが・・・




机を並べて学んでいるときなら、みんなが決めたことは参加するが

それから何十年も経過しているのだから・・・・

非協力的で申し訳ございません

多分クラスの皆は私の性格を知っているから

来ないと思っているだろうね(笑)


私を訪問してくれた人は罪悪感が大いにある優しい子なんだよね

昔から・・・・


多感だったあの頃、大きな力で抑え込もうとした先生達に反抗していたよね

それを、分かってくれる人は一握りの友人だけかもしれない・・・・


なんてね(笑)


同窓会のハガキのお陰で、大切なモノが見えたような気がする

幹事の00君ありがとうね


ありがとうございます

  


Posted by サリー at 20:01Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月19日

暑いです。

今年の夏は異常に熱いね!

と言ったら

毎年恒例じゃないの

と返された・・・・

ですよね~


だって、今の私は熱いの

足の裏がジンジンして体感も熱く感じるんだもん



それってお歳による更年期じゃないの・・・・・

そうかもしれない(笑)


例の「龍使い」になれる本には

熱気のようなものを感じたり、体が急に熱くなったりしたら、

龍のエネルギーが届いてるサインです



ですよね~

龍がサインを送っているんですよね

良い事書いてあるよね。



「龍使い」には必要な熱さなのかもしれない

身体は熱くても、頭の中は涼しいのです


こんなに気楽に考えてもいいものかと思われますが・・・・


龍にとっては、幼心の無邪気さが栄養たっぷりの「ご飯」になるそうです。


ご陽気のエネルギーが龍を引き付けるのかもしれない(笑)



ありがとうございます

  


Posted by サリー at 14:21Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月16日

龍が教えてくれたこと・・・⑤

そろそろ終わりにしないと・・・


先日、ようやくご縁が頂けました青い龍に

青い龍は出会いなんですって


数年前に「賢者の星」をHPで書いたけど

何を意味するのだろうと思っていた。。。。


時を告げる鳥が鳴いています

その鳥はトート神です

叡智と勇気と自由、最後に愛の風をその羽で送っています。


私にも感じられます

あなたも感じるでしょ

地球が大きく変わろうとしています

これから益々ワクワクしませんか???


最後まで読んでいただきまして

ありがとうございます  


Posted by サリー at 16:17Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月16日

龍が教えてくれたこと・・・④

私はいい気になっていた。

ブログのカテゴリー「覚醒の旅路」は

自分が「覚醒」するのではなく

私の周りの人々が「覚醒」するのを助ける


自分が龍の背中にのっていい気持になるのではなく

皆さまも、龍の背中に乗れる選択もあるし

本人が望めば、龍が手助けをしてくれる有り難い時代であることを

広めるのが私の務めかもしれない

なのに・・・・

自分の事ばかり


龍からパワーを貰うことしか頭にない


お恥ずかしいことです。


反省をするきっかけが

某ハンドメイドイベントへ行った時のこと

若い知人と話していたら

私が先日霧島のパワースポットに行ったのと話したら

すかさず

「それって山神社でしょ・・・・・・」

とても熱心に語ってくれた

その人自身がまるで山神社のようにパワーに溢れていた

今の私は、貰う事ばかりで

自分から何かを発する事があるのだろうか???



反省

反省だけならサルでも出来る

自分も覚醒しないとね。。。


教えてくれてありがとうね

  


Posted by サリー at 16:08Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月16日

龍が教えてくれたこと・・・③

次は青島・青島と思いながら

「青島・パワースポット」と検索していると

青島神社ではないように感じる

それは、

この前行った山神社も自然の森の中にひっそりただずんでいた

立派な建物の有名な神社ではないような気が益々する


ネットで遊んでいると、日南まで範囲が広がり

自然の洞窟の祇園神社が気になる・・・

ユーチューブで中を探検したら

次は、この神社へ行くような気がする

そこには龍の頭があるからだ。


頭の中で妄想が展開する・・・・



あの海の見える神社が次の目的かもしれない

祇園神社

なにも根拠がない


しかし

その夜、夢の中で

「祇園神社は昔トート神がこの場所を選んで龍を祭った場所である

この神社で間違いない」

と教えてもらったのある


頭の中で益々妄想が展開する


本当は6月の末に行くはずだったが豪雨の為断念。


行けないということは、今はご縁を頂けないということ

多分私の妄想が害をなしていると思う・・・・


ありがとうございます  


Posted by サリー at 15:50Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月16日

龍が教えてくれたこと・・・②

山神社へ行った事は5月のブログにしたためています 


実はあの場所に立って瞼を閉じた時

瞼の裏の暗いスクリーンに赤い光を見ていました

それが何を意味するのか解りませんでそれ程気にしていませんでしたら

その後「龍使い」の本を熟読すると

龍には様々な種類と役割があると言うことを身を持って体験致しました



6月にいつもの友人に会い世間話に花を咲かせていると

友人が最近なんだか感情が高まることが多いのよねと言う

「北海道で1週間後に無事に発見されたヤマト君、良かったね~

本当に良かったね。。。」と何度も涙したと話してくれました・・・


其のとき感じたのが、レイキの伝授に似ていると・・・

一応レイキの伝授の資格を持っています(笑)

レイキのアチューメントという伝授を行ったら

21日間の浄化作用が起こります


何となく悲しくなったり怒りやすくなったり

心の成長には各々必要な事が起こるのです

それに似ている

とっさに私の口から出た言葉は

「覚醒したのね、おめでとう」でした

と言うのもあの山神社へご縁を持った後に

その人から

「山神社でありがとうございますの一言を告げてお参りしたら

なんだか雨で自分の心の奥底にある汚れが洗い流され

新たな パワーを頂けた・・・」とラインがきていたので益々そう感じた。


「それなら、21日過ぎた頃に、違う神社へ行こうよ、今度は海の見える辺りがイイかな???」と言うと

友人が

「青島の近くにパワースポットがあるらしい」と何気に言った

そうなんだ・・・

青島

イイかもね・・・



私が見た赤い光は、「赤い龍」を表していたのかもしれない

あの本によれば、赤い龍は人間の内面に影響を及ぼすとかいてあった

まさに、その通りの現実が展開されている

恐るべし龍のパワー


ありがとうございます


  


Posted by サリー at 15:25Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月16日

龍が教えてくれたこと・・・①

いつだったかな???

まだ寒い頃のような気がするのよね・・・・・

この本に出合ったのは。。。


だいたい本は、最近は大手通販で買うことが多くなったが



その日は、雨だったので3階の屋根のある駐車場に車を止め

某ショッピングモールで夕食のお買い物をしていたら

2階の本屋さんへ行きたくなり

偶然この「龍使い」になれる本と出会った


なぜこの本を購入したかと言うと

恥ずかしながら、私もブログのカテゴリーに「龍使い」をテーマに書いているが

それについてしっかり学んだ訳ではないので、前向きな気持ちで学びたいと

素直に思ったからであった。。。。


この本は「龍使い」をこれから使用と言う人の為に

懇切丁寧に説明されていて

私のように、我流で「龍使い」をしているモノにも大いに参考になり

本の中に紹介されている龍神にまつわる神社(霧島神宮)

比較的近くにあるが、心が動くことはなかった。。。


数ケ月が過ぎ・・・・

なんとなく、その神社(霧島神宮)が気になり始めた・・・


検索すると、霧島神宮内に山神社というパワースポットがあることを知り

そこに立ったら、何か解るような気がしてワクワクした

もちろん一人では行かない

いつも行動を一緒する気の置けない友人と

5月初めの雨の日にお参りしてきました







ありがとうございます
  


Posted by サリー at 13:25Comments(0)覚醒の旅路

2016年07月16日

日南 祇園神社 青い龍

お久しぶりです~

先日梅雨の晴れ間に海の綺麗な日南の神社へ行って来ました。

と言うより、龍に会いに行ったと言うところですかね(笑)



海のすぐ近くにある











この神社は自然石で出来ていると言われていて

岩と岩の織り成す風景がまるで上り龍のように見える・・・・

以前某所で見た風景に似ているがこちらは規模は小さいながら

人口ではない処がイイよね・・・










このまるで、龍の頭

その下で、

雫を頭頂部で感じながら目を閉じると

真っ暗な瞼のスクリーンに青い光を見た

「青い龍」なんですね・・・・




物見胡散的に行動しているのではなく

7月にこの神社へお参りしたのには訳がある・・・・

久しぶりにブログに向き合おう・・・・

書くことで新たな発見があるかもしれない



ありがとうございます

  


Posted by サリー at 11:33Comments(0)覚醒の旅路

2016年06月03日

まさかビブーティー

ここ数ケ月体調が悪い

「風邪のようで風邪でない・・・べんべん」

身体の変調もさることながら

頭の中までも日に日に侵されていくようである(笑)


昨日、母の家に行った時

玄関に入るまでに綺麗な空を見上げていたら

突然、何かが降って来た

それは、まるで桜島の灰が

屋根から私めがけて降ってくるようだった

頭の灰を払おうとしたが何も付いていない


解りやすく桜島の灰とたとえたが・・・・

イメージ的には、まるでインドのサイババのビブーティーのようなモノだった

ビブーティーって何かの本でよんでだが、牛糞を乾燥させたモノらしい

そんなことはどうでもイイが、それは「聖なる灰」と言われている。

その灰がかかる時に、以前退行催眠をしたときに

ゴールデンシャワーを浴びたのを思い出した・・・

この灰は、「ゴールド」なんだと、根拠もなくそう感じた。

この出来事はほんの、何十秒の出来事だった


それ程気にもせず・・・・

母と「ランチ」へ「スシロー」へ行って通された席が

「金色」の席だった。







偶然なのか必然なのか???

一人ニヤニヤしながら「やっぱ金の灰」だったんだよね・・・・

イヤイヤ、あたアタマがオカシクなってきたのだろうか???

それは、神のみぞ知るかしら(笑)



ありがとうございます
  


Posted by サリー at 17:33Comments(0)覚醒の旅路

2016年05月26日

人柱ですかね?

今日のブログは書きたくない・・・・

でも、スルーが出来ない



同じ町内で数日前に3人死亡の火災がありました。。。

そのことには触れたくなかったの

あの現場を見たらとても悲惨で・・・・

興味本位に書くような事でもないし


それと、妙なんですが、10日ぐらい前に

お葬式のお手伝いのお願いの連絡があり

普段は不義理をしているのですが

何も考えずに行ったのですよ~

そこで聞いたのですが

その方のご自宅が数年前に火事にあわれていました


何故その方のお通夜にお手伝いをしに行ったのか???

その訳がなんとなく分かるような気がするのよね

今になると・・・・


この町に嫁いできて、数十年になりますが

小さな火災は多少なりともありましたが

家が全焼するような火災、ここ数年に多いのです

何故かな???と考えていましたら


この町に鎮座する愛宕神社が全焼してからなんですよね

その神社の火災の原因もハッキリしていません

最近この近くで起こった火災も、漏電だとか原因はハッキリしていません


お葬式のお手伝いをした方のお家も原因不明のようですし・・・・

今回の火災もまだ発表がありません・・・


この町に昔から住んでいる方は神様を信仰している方が多く

この愛宕神社は六月灯や年末のシラス撒きなど地域の方々のお力により運営されています

地域とつながっている神社なのです

その神社が燃えたのです


このブログを書く前に愛宕神社の事が知りたくて

全国に商売繁盛の稲荷神社が沢山あるように

愛宕神社も何の神様がお祭りされているのか知りたい・・・

なんと

愛宕神社は全国に1,000社ともいわれる「火防の神様」として信仰されてきました

それって

火伏に霊験ある神社を燃やしてしまったって事ですよね。。。


以前六月灯の役員をしたときに、「この神社の火災の原因は?」とある人に尋ねたら

「ハッキリとは言えないが、子供がお宮さんの裏でタバコをいたずらして・・・」

そんなような事を聞いたのを思い出したのよね~

その話をした人は、最近の火災現場の近くに住んでいるし・・・・


この愛宕神社を中心に、ほんの数キロ範囲の出来事なんですよね~


これは私の妄想なんですが・・・・

愛宕神社の神様は、お宮さんを新築してチャラにするような人間的な思考ではない

神様だから、何でも、おおらかに、優しく・・・・・

それは、人間が、人間のご都合で表現しただけなのよね・・・・


  神様が、本気で怒ったらとても怖いのです


だとしたら・・・・

お宮さんの裏でいたずらした子供達に罰を与えたらいいのに

関係のない人の家を燃やしたり、死人が出たり・・・・




熊本の地震も然り・・・・・

この世は、神も仏もないようなモノですよね。



太古の昔から、神は、生贄を・・・・

そのような信仰がありました。



厳に、人柱を立てて、物事を上手く進めたことも多々あります。



今回の火災で火伏の神様のお心が穏やかになられると思う

そうなってほしい。。。


現代社会に生きていると非現実なモノはおろそかにしてしまいがちであるが

このような偶然なのか必然なのか解らないが・・・・

私たちは、恐怖を持って神の存在を意識させられている・・・・

それだけ、心がくすんでしまっている証なのかもしれない・・・・



今回火災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


ありがとうございます


  


Posted by サリー at 21:15Comments(0)覚醒の旅路

2016年05月22日

行い

前回の日記にアセッション前の私はギラギラしていたと書いた

何故だろう???と考えていた



モノには原因と結果の法則カルマ(行い)があるから、そこが知りたかったのだ・・・・


あの頃は、月は邪悪な存在と決めつけていた

その原因は、読む本、目に入る情報総てがそういった類のモノに溢れていた

感化されやすい私は、太陽が善 月が悪の二極化した思考を

まるで自分が考えたように、自分の言葉にしていった

その結果が、自分のイメージ、オーラにまで影響をもたらしたのだ


その経験は私には多分必要な事だったと思う・・・

それを踏まえ

太陽と月の真ん中上に自分を持って行くと心地よいと

感じられるからである



大自然の大いなるモノに身をゆだね

過去に悔やまず、未来に不安を持たず

一呼吸、一呼吸に有り難さを感じられるようになりたいもんですね。


ありがとうございます
  


Posted by サリー at 09:18Comments(0)覚醒の旅路

2016年05月19日

5月19日の記事



  


Posted by サリー at 10:42Comments(0)

2016年05月19日

アセッション進行中

ゴミを捨てようと物置に積まれた新聞の中から

引っ張り出した日付に目が行った

2012,11,21

地球が次元上昇するだろうと騒がれたアセッションの1ケ月だ

これは何を意味するメッセージだろうか???


アセッションはスピの大きなイベントだったような気がする

スピに夢中になり1つの目標、通過点であったような

あの頃は、自信満々でギラギラしていた(笑)


今思えば・・・・

アセッション前は、自分を磨くために色々な勉強会へと切磋琢磨していました

レイキヒーリングやら何やらと・・・・

多額な金銭を自己投資していました。。。

何かを学んで身に付ける

それがスピだと思っていた。。。


その考え方が変わったのが2012,12,21以降です

アセッションで生き残れるのは・・・的な商業スピにまんまと嵌ったからである

その経験が私の外側のギラギラ感ではなく

内面を重視することが大切かもと思い始めたのでした。




時代は確かに変わったような気がする

思うことが現実化する

口にすることが現実化する

それはネガティブなことで実践されている方が多いと思う

気持ちのどこかでそれを願っているのではないだろか?と思うほどである

「良い事なんてなにもない」

「いつも私ばかり損をしている」

「つまらない」等々書くのも嫌になる言葉だ


スピ的なアセッションを通過してその経験を生かして

私は前向きな言葉を使うようにしている

思ったことや、口に出したことが現実化することが宇宙の法則と信じているからだ

アセッション、次元上昇、見えない世界では今も進行中なのです

その恩恵として現実化する時間が早くなっているそうだ



あれから何年過ぎただろう

欲しいモノは総ては持っている

身に付けることより

心の浄化が大切と思う昨今だが


「欲」を断ち切るのは難しい・・・

目新しいモノを見たら欲しい

それを持つと幸になれる気がする

モノでは幸せになれない

「欲」その気持ちも大切にしていかないとね(笑)

何もなくても幸せ・・・・

そこまで達成出来たら良いな~なんてね(笑)






ありがとうございます  


Posted by サリー at 10:42Comments(0)覚醒の旅路